石斛(せっこく) | 鬼城

石斛(せっこく)

2017.05.11.Thu.19:41
石斛の花が咲いた!

単子葉植物ラン科の植物。日本の中部以南に分布する。岩の上や大木に着生する着生植物である。

FBにもアップしたが、ブログの記録にもとどめる必要がある。
連休中、動きすぎて風邪を引いた。
久しぶりにのどの痛み、熱が出た。
癒やしてくれたのが「石斛の花」
この石斛は2年前、会議で松山に行ったおり、砥部の知人が仕事中に持ってきてくれた。
夏の暑い日、お父さんの栽培している蘭を汗をかいて軽トラで運んでくれた。
「枯らすかもしれん」と言ったら「何とかなる」の返事!
早速、自宅に風蘭と一緒に木につるした。
管理は暑い夏の水掛け・・・
これは自分の仕事!(笑い)
石斛は白とピンクが咲いた。
昨年、風蘭も咲いたが、この花は梅雨の頃である。

石斛1
石斛2

石斛3

石斛4

石斛5

石斛6
コメント
遂に猛暑
外出しませんのでその程度はわかりませんが、来月17日は95歳、主治医も「まあお歳ですから、それなりにがんばってください」だけで、治療薬は一切でません。
気力ばかりが薬です。
No title
 石斛、初めて見る花です。風欄は風の国に自生するのか、いただいて自力で増え、毎年花を咲かせてくれます。私は、ほぼ何もせずに、花の時期だけ鑑賞するばかりです。彼らは、比較的乾燥には強いみたいですね。水をかけたこともあまりないような気がします。体調早く元にもどるといいですね。
今年花の当たり年か?
鬼城さん、花続きですね。
私も今日も皿ヶ嶺でした。
今年の皿ヶ嶺は、花の開花状況が例年になく凄い当たり年状態です。
しばらく通いそうです。

帰宅してPCを開けるとブログ仲間の高知の流れ星さんが鬼ヶ城山域へ。
今年は石楠花が爆発的な大開花状況のようです。

http://blog.goo.ne.jp/plantr1951

これは、皆さん、もう一度足を延ばさないと(笑)
こんな大爆発は10年に一度くらいですよ。
この様子だと遅れている石鎚山系のアケボノツツジも大爆発の予感が?
気力
木下博民 様
教育の世界では、生きる力の養成を合い言葉に子どもたちを育てる目標にしていました。将来にわたって「生きる力」とは・・・中には精神論、学力、社会力など取り上げた人も居ました。いまだに何をすれば、生きる力に繋がるのか、分かりません。先生の生き様・・・大正から昭和、平成に掛けての歴史そのもの。気力で頑張ってほしいm(_ _)m
感謝!
tentijin 様
ありがとうございます。石斛や風蘭は着生欄ですから、木に縛りっぱなしでもいいようです。しかし、夏の暑い折の水掛だけは居るような気がして・・・(笑い)石斛が咲いたのを自宅で見るのは初めてです。あとは、頂いた風蘭です。
No title
ランスケ 様
皿ヶ嶺の山野草の切り取り、ランスケ・ダイヤリー楽しみです。鬼ヶ城の石楠花も当たり年のようですが、篠山の曙ツツジも当たり年のようです。来週辺り、石鎚の曙ツツジ、期待が持てそうですね。まだまだ、山歩きには慣れませんが、回を重ね、慣れていかねばと思っています。是非、南予アルプスにも・・・
No title
 名前は知ってはいたのですが・・・。
 他のラン植物に比較して少し地味な存在ですが、良い風合いをしていますね。白とピンクの彩りも良いですね。
 我が家のラン科の植物は、変に手を入れない方がきちっと花を付けるようです。
 鬼城様のようにしっかり手を入れれば、もっと良いのかもしれませんが・・・。
笑隆で~す。 様
手入れはほとんどしていません。着生蘭はあまり手を入れると咲かないとか?私にとって丁度いい花かもしれません。頂き物ですから、科rz諏訪家には行けないプレッシャーがあります。(爆)笑隆で~す。さんの家にはランちゃんが一杯花を咲かせて居るでは在りませんか。
No title
上品な花ですね。こんなに綺麗に咲かせるとプレゼントした人もあげた甲斐がありますね。私は中々頂き物でも上手に育てられずプレッシャーを感じることもありますが、今のところ助っ人がおりますので助かっています。
 皿が嶺の情報コメント、仲間に知らせなくては。
山情報
吉野の食いしんぼう 様
明後日の日曜辺りが一番良いのかも・・・ランスケさんお写真を見ていると元気になります。先日来、熱が出て昨日はお医者さんへ・・・妻曰く「年も考えずに鬼ヶ城など登るから」と・・・真人のその通りかもしれません。体調が戻れば、トレーニングに励みます。
セッコク
我が家にも数株のセッコクがあります。金木犀にぶら下げているから1年中水をやることはありません。それでも花は咲いてくれます。強い花なんです。ところで月下美人はどうなりましたか?
体調が悪いとのことお大事になさってください。
忘れてた(>_<)
うわつ 様
植え替えをしていないようなので、植え替えたときに株分けとなります。石斛も以前、枯らしたことが有り・・・(笑い)体調は戻りつつあります。無理をしすぎたようです。
生きる力とは
私も学校の先生方にお尋ねしたいと思うテーマです。「生きる力」って何でしょう?
いま「はばかり人生」を遺書のつもりで書いているのですが、学校のテーマなんでしょう「生きる力」を教育者であった、または今も教育者でもある「鬼城」の大方の諸兄姉の方々に教えて頂きたいとおもいます。
私は拙著『八幡神万華鏡』の冒頭で小学校の教諭大内利雄先生(和霊尋常小学校教諭・故人)について触れ、これを柱に拙著を仕上げましたが、この先生の一言が私の「生きる力」だったように思います。
面白い話題
木下博民 様
教育の目標とするものを示すのは、学習指導要領です。国の定める教育を受ける権利に根ざした者です。しかし、旗印は「抽象的」なんです。「生きる力」「ゆとり」「地域に根ざす」などなど・・・これを各学校で実践せねばならない。到達目標は無い訳ですから、すべて抽象的ですね。先生の言われるように出会いも重要だと思います。教える側の力量も問題なんです。私は全て実践だと常々考えています。日本の教育、どの方向に向かっていくのか、興味が湧きます。
学習指導要綱ってなんですか?
諸先生が暗唱できるほど徹底しているのですか? 単に白旗か赤旗なのですか? 敗戦国で白旗一辺倒ですか? 式典で校長はじめ全職員は堂々と「国歌」を歌いますか? 歌いたくない先生は「学習指導要綱」を知らないのですか? つまらんことで時間をかけるのならば、転職すればいい。
昔の先生は、始業時刻に1分の狂わず教室に入りました。いまの先生にそのような時間観念がありますか?
校長への報告はいまだに紙ですか? 
教育
木下博民 様
教育の均等化、受ける権利など考え、このような内容で教えなければならないのが、指導要領です。国が研修をし、各都道府県で指導者研修を行い、各学校へ・・・細かく言うと収まらないのでこの程度にしておきます。国旗・国歌は明記されていますから、処分対象になります。今の先生たちの指導は各学校の管理者であるの校長、教頭になります。きちんと出来ていますが、何十万という教師が居ますから・・・他の地域はは知りません。

管理者にだけ表示を許可する