大凧合戦 内子高校郷土芸能部 | 鬼城

大凧合戦 内子高校郷土芸能部

2017.05.09.Tue.16:00
祝!第41回全国高等学校総合文化祭出場

宮城県仙台市名取で開催される大会出場が決まっている。
躍動感あふれる演奏は目を見張る!
個人個人をとっても練習に励んでいる様子が垣間見える。
高校生らしい笑顔が素晴らしい!

内子高校1
内子高校2

内子高校3

内子高校4

内子高校5

内子高校6

[広告] VPS
コメント
No title
 何だか女子ばかりかな?と見ていたら、男子もいました隅っこに。女子の太鼓姿もなかなか良いものですね。究極の元気は、女子に有りかも知れません。
No title
青春の躍動って感じで素晴らしい、羨ましい。
 あの大太鼓の上での演奏、疑問が動画で解けました。梯子で上がったのですね。恐れ知らずの熱演に!拍手
体力
tentijin 様
何しろ演奏時間が長いので、体力、気力、演奏力ともにいるようです。縁起に関しては伝統的になってきているので、慣れてきているとか?男子生徒も頑張っていますよ。OBの方たちも太鼓集団「和達」を組織しています。この方たちは「鼓動」の指導も受けています。鬼北町には「魁」、松野町には「鬼城太鼓」があります。どちらも素晴らしい。和太鼓の魅力ですね。
振り付け!
吉野の食いしんぼう 様
和太鼓には音符もあるそうです。高低は無いので強弱かな?鉦、笛などなど工夫もありますね。このリズムや躍動感、また訴える気持ち・・・まさに「和」ですね。演奏しているものの顔が自然とほころんでくるのも分かります。松野「鬼城太鼓」のY氏などその代表でしょう。食いしん坊さんも参加してください。
No title
 母校の後輩たちが、頑張っている姿を見て感激しました。私たちが高校生の頃には考えもつかないことでした。 
 その当時、太鼓をやっている方はお宮の宮司さんくらいで、集団で叩いている団体などは皆無でした。県内探してもいなかったのではないでしょうか。
 総合文化祭に出場するなんて「ビックリポン」です。是非、愛媛内子をPRしてきてください。応援してま~す!
特色
笑隆で~す。 様
高校生が熱い!各学校、特色を出しています。水産高校であれば「フィッシュガール」の解体ショーであったり、総合文化祭にかける内子高校の「郷土芸能部」だったり・・・教育も面白い。しかし、今まで通りでは進歩は無いんですね。農業科とか、商業科とか・・・普通科でも地域に根ざした活動は出来ると思います。内子高校の経営は立派だと思います。とにかく指導者、旗振り役ですね。改めて感心した次第です。
新しいもの
昔からの郷土芸能は衰退して華やかで新しいものが流行っている。内子には内子座があり文楽など興行されているけど客足が伸びず低迷しているようです。これも時代の流れなのでしょう。どこも同じですね(笑)
予算・・・
うわつ 様
何事もお金次第でしょう。昔、ホントかどうか分かりませんが、かりにワンステージ800万とします。昼夜2回公園で1,600万円・・・南予文化会館の集客数を1,000人とすると入場料は1万8000円です。誰も興業主になり得ません。そこで国の補助金を取ることが出来るかどうかです。この郷土芸能部が定期演奏会を内子座で擦るようです。これは満員になるとか・・・

管理者にだけ表示を許可する