石楠花と曙ツツジ | 鬼城

石楠花と曙ツツジ

2017.05.05.Fri.09:00
開花情報

ブログの仲間や松野町辺りからの情報は得ていた。
昨年、退職して毎年登っていた篠山の曙ツツジ登山を取りやめた。
自分のハンドルネームにある「鬼ヶ城」に登らねばと決めていた。
朝、鬼ヶ城を見ると厚い雲が・・・
雨だろうな?
少し前なら、ここで取りやめだった。
「辞めたら・・・」という声を聴き、車で梅ヶ成まで行き、そこから登ることで・・・
行ってみると車が十数台駐車している。
名古屋ナンバーまで・・・雨は降っていたが、この機会にと山に入っていった。
往復1時間ほどだったか・・・
時間が在るので高月もと思い「食いしん坊さん」に電話する。
彼女たちは昨日行っている。
さあ登ろう!
昔の道は完全に忘れている。
雨が、きつい坂、道が滑る・・・落ちれば?
鬼ヶ城もそうであったが、石楠花、曙ツツジに癒やされる。
途中、八幡浜の青年と会った。
かれは成川温泉から沢路を登ってきたらしい。
曙ツツジの木の大きさに感動する。
石楠花は7、8部咲きだった。
歩いた距離は8kmほどだったか?
9時出発、帰宅は16時。

コラボ
曙ツツジ1


曙ツツジ2


曙ツツジ3


石楠花1


石楠花2
コメント
No title
 若いですね~。ご苦労様でした。
 下から見上げたら上の方が見えなかったし、地上でも細かい雨が落ちていたので、登ってはいないだろうと思っていました。
 ところが、元気な声での電話にビックリしました。
 ガスに浮かぶ花々は、幻想的で良いですね。特にアケボノツツジのピンク色には、見とれてしまいますね。
 いい命の洗濯ができましたね~。
No title
 お疲れ様でした。この石楠花と曙つつじの風景を共有できて嬉しいです。
 お天気が今一つだったようですが、その分幻想的な風景が楽しまれたのでは。
 私は何年か行った中では曙ツツジが一番良い時期でした。
 松山で山グッズ見ながら、無事上がられたかなと思っていました。結構散在して帰りました。次回の山行はニューファッシヨンです。(笑)
下見
下見に行った時、鬼が城の石楠花は少ないようでした。ガスが出てくれればそれだけで絵になりますので、雨もまた良しです。お疲れさまでした~♪(゚▽^*)ノ~☆
単独行
笑隆で~す。 様
あまりやりませんでしたが、今回は一人旅・・・いろいろと考えるのはヤメにしてリセット!天候は悪かったですがほんとに楽しめました。電話で「うわつ」さん、「笑隆で~す。」さん、「吉野の食いしん坊」さんにご迷惑をお掛けしました。
お楽しみの途中・・・
吉野の食いしんぼう 様
お仲間の方たちの声が・・・(笑い)ニューファッション、楽しみです。山2本は、さすがに疲れました。三本杭もと思わないでは無かったのですが・・・ドクターヘリ出動が現実になりそうでした。気持ちいい疲れ・・・何日後だろうか?(爆)
ご迷惑を・・・
うわつ 様
下見とは・・・自分は何時もぶっつけ本番です。嫁さん曰く「あなたの人生そのもの」だそうです。詰まり「行き当たりばったり」いつかばったり行くかもしれません。また情報お願いします。m(_ _)m
山ヤのサガ?
お疲れ様でした。

若い頃のように、次の休暇はあの山へと、
まだ見ぬ風景に想いを馳せることも少なくなって来ました。
それでも重い腰を上げて、体力の低下を嘆きながら、いざ山へ入ると、
不思議と抱えていたものが軽くなっていることに気づかされます。
本当に毎度のことながら不思議です。

山ヤの鬼城さんも、きっと同じなのだと思いますよ(笑)
無理せず、また季節の山歩きを再開してください。
雨の中
ランスケ 様
初めての山行が雨の中の皿が峰でした。このときから上下関係の厳しさを教えて貰いました。先輩達は愛大小屋、新入生達はテント・・・だから雨の中歩くことは好きなんです。まっ、年を考えないとバランスが・・・高月の最後の登りは胸突き八丁!横を見るとザイルが・・・急峻!面白さと緊張を感じました。南予アルプス、捨てたあものじゃない・・・(笑い)
鬼ヶ城
宇和島の山と言ったら「鬼城」といいますが、妙に目立たない山ですね。滑床のホテル近くにも同名のいらずのやまがあり、高いほうの鬼城の山頂がどうなっているのか、写真を観たこともなく、この通信の巻頭の山並をみてもこれが鬼城という人は少ないでしょうから。
名前負け(笑い)
木下博民 様
なだらかな山容ですね。下から見ると毛山や大谷山の方が高く見えます。鬼ヶ城山頂は見えないし、高知県側に伸びていますから・・・その奥には南予一番の高い山「高月」があります。写真ではなかなか表現できません。松野町が地図を作っています。面白い試みが続々・・・
No title
 あまり山に登らない私ですが、写真を見ると、石楠花も曙ツツジも、山の贅沢といったところですね。霧が、かえって花を引き立たせている部分もありそうですね。お疲れ様でした。
心地よい疲れ
tentijin 様
久しぶりの山、堪能しました。石楠花の林はスーパー林道を作ったときに掘り起こされ、切り倒されました。しかし、まだ奥にはあったのだと・・・自然を壊すのは簡単。再生は難しい。このことは肝に銘じなくてはいけません。

管理者にだけ表示を許可する