三滝神社 | 鬼城

三滝神社

2017.04.18.Tue.12:00
春祭り

南予地方の神社は春祭りのまっただ中!
ここ三滝神社も・・・
三滝神社は三滝山(642m)の山中にある。
実は祭礼の日は17日とばっかり思っていた。
何年か前に第三日曜日にと決まったそうだ。
三滝城のすぐ下に神社はある。

三滝神社1
長い石段

半端な段数では無い。
山の奥に有り、道は狭く離合がなかなかできにくい。
駐車場も取ることが出来ない。
私も遅れていったため、下の方に車を止めた。
そこから石段を・・・
汗びっしょり。

三滝神社2

祝詞

境内の広場では宮司さん方の祝詞が始まっていた。
少し下がったところにある神社拝殿。

三滝神社3

本殿

拝殿の奥にはご神体が祭られている本殿が・・・
この神社は別棟になっている。

三滝神社4

三滝

新緑の頃は綺麗だと聞いている。

三滝神社5

岩上の田んぼ

日本で耕地面積最小の田んぼ・・・
現在は、田植えの準備が出来ていない。

三滝神社6
コメント
三滝城
三滝神社への石段を上がりましたか。かなりの急階段なので私は3回休みました。城跡らしいけど殿様や家臣は大変だっただろうな。ホントに城があったのだろうか?と思いましたよ(笑)
山城
うわつ 様
紀氏の居城とか?研究されている方が居て、長宗我部の侵攻で大銀杏の下で切腹して果てたとのことです。御霊屋が石段の一番下のところにありました。
城と言っても中世の山城は民家みたいなものです。済んでいたとは思いますが、自給自足の生活でしょうね。
No title
ここには新緑の時と秋に2度来ました。あの階段は私もきつかったです。
 お祭りがあると聞き、あそこまで上がるのは大変だろうなと思いました。
 秋に行ったときは大銀杏の下にぎんなんが沢山落ちていました。拾いはしませんでしたが、切腹の歴史があったとは・・・。
西園寺15将
吉野の食いしんぼう 様
松野の渡辺氏と共に生きた時代です。土佐の勝訴壁の侵略におびえながら領民を守っていた。そこへ秀吉、家康が・・・と言う訳で伊達家の時代となりました。
No title
 滝の撮影には行きますが、滝のところから上には上がったことがありません。こんな立派な神社があるのですね。
 しかし、滝までも細い道なのにその先まで上がるには勇気が要ります。
No title
笑隆で~す。 様
車ぎりぎりです。「うわつ」さんならスイス以下も・・・尾根を一つ間違え行き止まり!引き返して、また登る。終わりよければ、全てよしでした。ここの八つ鹿が原点のような気もします。三っつの集落の沿う鎮守とか。今年始めてパトカーが来ていたとか。屋真ん中ですよ。
三滝神社について詳しく教えてください
場所、創建年代、創健者、祭神、神紋由来、などなど
No title
木下博民 様
この方のブログが詳しいです。
http://makild.exblog.jp/14887117/
場所は説明が難しいんですが、龍澤寺から奥へ入ります。城川ギャラリー(かまぼこ板の絵)から30分位奥の山になります。ここのはつ鹿が一番仙台地方の鹿踊りに似ていますね。しかし唄は宇和島と同じようでした。観光にするには、あまりにも遠すぎる。
No title
 三滝神社、どの辺りにあるのですか?長い石段、少し魅力を感じます。勾配の急な神社とか、それぞれの神社で石段も個性があっておもしろいですね。
山城
tentijin 様
西園寺15将の山城ですから、可後森城や深田城と同年代でしょう。うっそうと茂る木々の中に立てられています。ただ道が狭いので・・・今年は雨の後だったので、タイヤが滑り冷や汗ものでした。

管理者にだけ表示を許可する