鬼の里の座敷雛 | 鬼城

鬼の里の座敷雛

2017.03.23.Thu.12:00
座敷雛

歴史と伝統のある真穴地区(八幡浜市)の座敷雛・・・
今年は長女が生まれなかったため公民館での展示とか聴いている。
ここにも少子高齢化に波が押し寄せている現実がある。

鬼北の里の座敷雛は開催始めてもう何年になるか?
高田商店の展示として愛媛県は勿論、高知県まで噂は広がっている。

鬼北の座敷雛1
テレビ取材

初日で普通日だったので人出は少なかった。
取材が入っている。
テレビ放映は今夜だろうか?

鬼北の座敷雛2

高田商店

この店の商品は柚製品と味噌が有名である。
特に「ゆずの里ロイヤル」は季節を問わないが、夏の飲み物として最高である。
買い物のついでに飾り雛を見た。
「釣り飾り」は美事!

鬼北の座敷雛3

布雛

老人夫婦と孫だろうか?
和やかな家庭が想像できる。

鬼北の座敷雛4

再び座敷雛

保存会の方にお話を聞くと材料集めは別にして造園するのが4日ほど掛かるとか。
手間暇を掛けている。
細かいところまで気を遣っている。
苔に土筆が・・・・
勿論、本物である。


鬼北の座敷雛5

鬼北の田んぼ

苗が植えられている。
展示期間中にこの苗は育つ。
そのため、水やりなどの管理をお二人でやっているらしい。

鬼北の座敷雛6

森の三角帽子

鬼北町にある二つの道の駅の一つに座敷雛が登場!
高田商店の展示の前に2日間で仕上げたと聞いた。
ひな人形の下には「鬼王丸」が飾られている。
鬼の里のひな祭りである。

三角帽子1 
飾り

地域によって、時代によって変化する雛飾り・・・
一時流行した御殿雛が二つ飾られていた。

三角帽子2
コメント
No title
 高田商店は見に行ったことがありましたが、道の駅は今年からですね。季節の名所が増えるのはいいことだと思います。何かしらPR活動も同時にしたらいいと思いますが、情報に疎い私こそが問題かも知れません。
折り込み
tentijin 様
一昨日か、愛媛新聞の折り込みに入っていました。結構、宇和島の人たちには定着しているようです。我が家は、味噌とめんつゆを購入しに行きます。なかなか綺麗ですね。よく集められています。
高田商店
夏の帰省時の土産はここで購入します。お雛様の展示は一度だけ見ました。今年は鬼さんも参加されているんですね。私が見たときは田園の中の池が鏡で作られており、鏡に映し出される景色に感動したこと、覚えてます。
毎年されているなんて嬉しいですね。
なんでも館が閉館されたとか?高田商店が後引き継いでくれれば良いのにね?
No title
何てタイムリー。昨日のこと、高田商店の店員さんの訪問日で、大好きな「しょうゆドレッシング」を購入。その時、座敷雛のチラシを置いて帰られました。
 母と、一昨年は偶然に鬼城さんと同日・同時間に訪ね、お話が出来て良かったよねと話した所でした。
 今年も素晴らしい飾りが出来上がっていますね。
 こう言う還元のできる商店の有り様にも感心します。
 行ってみます。老母と共に。
伝統行事
真穴の座敷雛が知られていますね。その他はそれを真似たものでしょうね。本家の真穴は女児が生まれなかったから座敷雛が飾られなかったと言うから、真似事ではなく伝統行事だといと言うことが良くわかりますね~。
流れ
結女 様
現代の価値観は人それぞれ・・・また、浮き沈みも激しくなっています。自分たちとしては希望はあるけれど、それが実現するかどうか分からない。一番良い例は政治だと思います。このようなイベントを個人で続けることは素晴らしい。輝北町を愛すればこそだと思います。なんでも館、継続されれば良いですね。
地域の貢献する
吉野の食いしんぼう 様
店の砲身が素晴らしい。また、毎年少しづつ変化しているのも面白い。東北の大きなこけし雛もかわいいですね。一昨年でしたね・・・今年も、食いしん坊さんのお家の恒例行事として是非、お母さんと行ってください。三角帽子にもありますから・・・
歴史
うわつ 様
歴史の重みは何事にも代えがたい。新しい歴史もしかり・・・真穴の座敷雛は江戸時代からだと・・・
話変わりますが、桜の名所特集は今週末になったとか?開花宣言の日になるかもしれません。桜の名所も手を入れ、継続せねば歴史は終わります。そのためには行政の援助と努力が必要ですね。
No title
いろいろな飾り雛があるのにビックリです。初期の頃に比べて華やかになっているように思います。
 いよいよ、春本番になりましたね。ソメイヨシノの本番が間もなく始まりますね。「世の中に 絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」と言う心境になりますね。どこに撮影に行こうか思案中です。
染井吉野
笑隆で~す。 様
さて開花はまだですね。満開は年度明け・・・まっ、暇になりますからどこかへは行こうと思っています。座敷雛、充実してきています。震災後に東北からの巨大こけし雛も増えました。迫力在りますね。
鬼北町にはご熱心な商家が沢山ありますね。
発展を祈ります。
鬼北の中心
木下博民 様
ご存じのように昔、広見は鬼北の中心でした。三間、松野、日吉と・・・旅館や料亭などもありました。主に材木の集荷地でもありました。道路の発達と建築素材として木材の需要が減り、現在に至っています。商店などは、何が出来るのか切磋琢磨し、現在に至っています。努力すれば報われる良い例だと思います。それを地域に還元する姿勢、美事なものです。

管理者にだけ表示を許可する