歴史 | 鬼城

今の馬目木大師

2017.05.23.Tue.09:00
元結掛願成寺

九島の鯨大師をお参りしたのでと言う訳ではないが、久しぶりに馬目木大師にお参りした。
廻りは住宅、駐車場とお寺の雰囲気ではない。
名前の由来となった「馬目木」も無くなっていた。
ただ、横にそびえる大銀杏の存在が名残か?
信者の方かどうか分からないが「銀杏の実」の袋詰めが・・・
一つ一つに「馬目木大師」の名前が記されている。

説明文もあるが、国鉄等という言葉も有り、文化財なのかと疑う。
自然と文化には掲載されているが、確認はしているのだろうか?

説明文を掲載する。

馬目木大師の由来

 弘法大師のひらかれたという九島鯨谷の願成寺は、四国霊場40番札所の札所観自在寺(御荘平城)の奥の院であったが、離れ島にあるため巡拝に不便であったので、寛永8年(1631)に元結掛の大師堂に移し、元結掛願成寺といった。この寺は明治になってからさらに現在の国鉄駅の近くの龍光院に合併せられた。
 この大師堂を馬目木大師といういわれは、弘法大師は鯨大師をつくられたものの、海を渡って九島までお札を納めに行くのはたいそう不便なので、宇和島の海岸にあった渡し場に遙拝所を設けられた。そしてこれに札を掛けよといって、そこに馬目木(ウバメガシ)の枝を立てておかれたら、いつしか根づいて葉がしげるようになったという。
元結掛の地名については、何時の頃かここで信仰心のあつい人が頭をそって仏道に入り、その髪を元結(めげをしばるひも)でこの馬目木に掛けておいたところから「まげとゆい木」といわれるようになったとも、またこの土地は海岸通りで、通行人の元結がこの馬目木の枝にひっかかるので名づけたともいわれている。
 現在もお堂と馬目木が残り、土地の人々の深い信仰の対象となっている。


馬目木大師0
続きを読む "今の馬目木大師"

大本神社 伊予神楽

2017.04.06.Thu.15:00
愛媛県鬼北町大本神社の清明祭

お神楽奉納 伊予神楽の内3演目 平成29年4月5日 14:00~
国指定重要無形民俗文化財で35番まで演目がある。

7番 天地開楽之舞

神楽1


25番 鈿女(うずめ)之舞


神楽4

神楽2


34番 妙剣之舞


神楽3


[広告] VPS


[広告] VPS



[広告] VPS

パークス来航150年

2016.08.13.Sat.09:36
樺崎砲台跡

ほんとに跡である。海に面していたはずなのに、埋め立てで陸地に・・・
探さねばわかりにくい場所である。
復元されているが、コンクリートはいただけない。

樺崎1
続きを読む "パークス来航150年"

高知和霊神社

2016.06.22.Wed.12:00
竜馬がゆく

司馬遼太郎の小説で大河ドラマにもなった。
その小説の中で竜馬が脱藩する折、参拝をして出立したという和霊神社・・・
この山は、竜馬の出里である才谷屋の持ち山で通称才谷山というそうだ。
その麓に伊予宇和島より和霊神社を勧請して祀っている。
1700年後半の頃の話である。
商家、才谷屋の繁盛を祈念するための勧請であったという。
和霊信仰の広がりである。

竜馬、龍馬と使い分けているが、今回の項は司馬遼太郎に敬意を表し「竜馬」とした。

和霊さん1
続きを読む "高知和霊神社"

高知県立坂本龍馬記念館

2016.06.20.Mon.12:00
龍馬脱藩の真実

今回は司馬遼太郎の「竜馬がゆく」の中に和霊神社参拝の後脱藩とある。
神に祈りをささげ、脱藩する例は多くある。さてこれが真実か?
調査なら「高知県立龍馬記念館」だろうと訪れることにした。

龍馬記念館0
続きを読む "高知県立坂本龍馬記念館"