歴史 | 鬼城

松山市北条薔薇園

2019.05.24.Fri.15:00
薔薇庭園

個人の庭園である。
ご夫妻が毎日、手入れされ、この時期かおりもさることながら、斜面一帯の彩りが見事!
趣味の世界ではあるが、簿夫妻が仕事分担をされ、見事に咲かせている。
萬翆荘の薔薇展にも何度も最高賞を受賞されているとか。
住宅街の一角に住居を建てられているが、その下側一体の斜面が薔薇庭園となっている。
広さは半端ではない。
目の保養と真っ盛りの薔薇をお土産として切らせていただいた。
知人のKちゃんに感謝!
そしてお抱え運転手で連れて行ってもらったKくんにも感謝m(_ _)m
お茶タイムと前後にアップしています。


バラ園0


バラ園4

バラ園1

バラ園2

バラ園3

バラ園5

バラ園6

徳洲会病院祭り

2019.05.16.Thu.17:00
徳洲会祭り開会式

院長先生の挨拶の後、舞台上ではいろんなパフォーマンスが行われた。
辞さし振りに見た、伊吹龍心太鼓!
対馬高校「チアリーダー部」のえんぎなどなど・・・
参加していた方々、そして子どもたちも喜んでいた。

南愛媛医療アカデミーのブースは「絵手紙教室」
評判良く、準備していたはがきはすべて使い切った。
お手伝いした「たこ焼き」も商売繁盛だったとか?
少ない人数の学生たちの力のすばらしさを身をもって感じた。

徳洲会祭り1

徳洲会祭り2

徳洲会祭り3

徳洲会祭り4

俵津文楽 お七火の見櫓の段

2019.04.04.Thu.10:00
人形浄瑠璃

正式名は浄瑠璃『伊達娘恋緋鹿子』らしい。
恋しい吉三郎の危機を救うために雪降る中、半焼を打ち鳴らす。
火事でもないのに半鐘を鳴らすと火あぶりの刑である。
火をつけて火あぶりになった話と浄瑠璃や歌舞伎は違っているそうだ。

吉三郎の刀(天国の剣)を探す刻限までに木戸を閉めさせないため半鐘を鳴らした。
火の見櫓に登る場面は圧巻だった。
この段の最後は刀を手に入れ吉三郎のところへ行くお七・・・

実話らしいが、真実は分からない。
戯曲や演劇、舞踊など多方面で上演されている。
後継者不足が伝統芸能でよく聞かれるが、俵津文楽は若い人たちが頑張っている。

お七0

お七1

お七5

お七2

お七3

お七4

天誅組

2018.10.08.Mon.08:00
吉村虎太郎終焉の地

先日、高知県津野町を訪れたとき、虎太郎の生家を訪ねた。
移築、修繕されたもので藁葺き屋根が素晴らしかった。
維新の魁として散った若者である。
同じく同町には銅像がある。
日本の将来を見据えた眼光は鋭い。
この地、東吉野村で蜂起したが、夢は叶わず、討ち死にしている。

「 吉野山 風に乱るる もみじ葉は 我が打つ太刀の 血煙と見よ」
彼の辞世の句である。
享年27歳!

宇陀市には後藤又兵衛ゆかりの枝垂れ桜がある。
「うわつ」さんが毎年アップしているので知っている人も多いだろう。
バックには桃の花がきれいで、十数万人が訪れている。
残念ながら満開の桜はお見せできない。
豊臣家の中心で夏の陣以降、出家しこの地で隠遁生活をしたと伝えられている。

吉野村へ2

吉野村へ3

吉野村へ4

吉野村へ1

安並水車の里

2018.06.13.Wed.08:00
灌漑用の分水路

土佐藩家老野中兼山が作ったとされる水車群!
明治時代には50基ほどあったとか。
現在は利用されていないようだ。
四万十市が管理する公園となっている。
梅雨の頃、紫陽花とのコラボがフォトファンにはたまらないと聞いていた。
残念ながら紫陽花は済んでいた。

安並0

安並1

安並2

安並3

安並4

安並5