名所 | 鬼城

今治たおる美術館

2017.11.19.Sun.08:30
今治タオル

このブランド名は数年前に中国が登録、社会問題となる。
提訴し、ブランド名は安泰となった。
ずーっと昔訪れたが、最近は行く事が無い。
周りの景色、中味も美術館が充実し、変わっていた。
現在はイルミネーションの見どころとして有名になっている。
少し市外からは離れているが、お客さんには駐車など気遣いなくいいだろう。
ここは外国の方が多かった。
普通日にもかかわらず、観光バスも多い。
庭は「ムーミン」一色・・・
5時からのイルミネーションは断念!

タオル美術館1
続きを読む "今治たおる美術館"

別子銅山3

2017.11.17.Fri.18:00
東平

標高750mの山中にある東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれていました。
社宅・小学校・劇場・接待館が建てられていました。
昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていました。

その遺跡は東洋のマチュピチュと言われ、映画やドラマの撮影にも使われています。
インクラインや倉庫など当時を忍ばせてくれます。
ふっと目をやると真っ赤な灯台躑躅(どうだんつつじ)が・・・
「満天星躑躅」とも書くそうです。

まゆみの木も赤い実を付けて居ます。
向かい側の山には鉄道の跡が残っているとか。

今年は軍艦島といい、別子銅山といい近代化の波の場所を見学しています。
時間はまだありそうなので、今治方面へ・・・

 
東平1


続きを読む "別子銅山3"

別子銅山2

2017.11.16.Thu.15:00
別子ライン

神風の如く見て回るので深い谷に降りることが出来なかった。
散策コースもあると聞いているが、宿泊せねば時間が足りない。
別子ラインの下流を県道から切り取った。
紅葉は一番見頃だろう。
鹿森ダム、そこに掛かっているループ橋も撮したかったが、駐車場所が無い。
東平への入り口まではマイントピア別子から二車線・・・
入り口から5kmが細い道で東平へ行くバス(マイントピア別子)が優先となる。
離合場所はあるけれど、シーズンは大変だろう。
もっと赤が強かったのだが、写真にすると・・・

別子ライン1
続きを読む "別子銅山2"

別子銅山1

2017.11.14.Tue.20:00
マイントピア別子

一度来たいと思いつつの場所・・・
新居浜が熱い!という情報が入ってきた。
別子銅山地区は紅葉真っ盛りとか。
雨の前にと思い立ったら即、行動!
道の駅だそうだが、工夫があるゆるところにある。
冬桜が5分咲きか?50本ほど植えてある。
古い坑道、新しい観光坑道のアイディアも・・・
そして土産物センターから観光坑道までのつなぎは汽車!
駐車場は一杯!
今日は空いているだろうというもくろみは大外れだった。
観光バスは8台・・・団体客が多い。
欲張りだから、東平(とうなる)も見たいし、別子ラインの紅葉も見たい。

マイントピア別子0
続きを読む "別子銅山1"

鶴岡八幡宮

2017.10.28.Sat.15:00
雪ノ下

北鎌倉から鶴ヶ岡八幡宮に至る道のトンネルである。
この地区を雪ノ下という。
伊達政宗の甲冑(雪ノ下胴)はここで造らせとか、芦名氏が会津に呼び寄せそこで造らせていたとも言われる。
どうも東北説が有力だが、この地名を採っているのは間違いないだろう。

相模国の一宮で、宇佐八幡宮(大分)・石清水八幡宮(京都)と共に、 三大八幡宮の一つ。
参拝し、孫達のお守り購入・・・
海に向かって開けた道路。
大石段、大銀杏(倒壊し、植えられている)、源平池、弁天堂をみて鎌倉駅に向かう。
小町通りで買い物、そして鎌倉駅へ・・・
北鎌倉駅よりずーっと豪華な駅舎である。


鶴ヶ岡八幡宮1
続きを読む "鶴岡八幡宮"