イベント | 鬼城

和霊神社しめ縄交換

2017.12.25.Mon.15:00
巨大しめ縄

神社、各家庭でも暮れの一大イベント「新年を迎える準備」!
和霊神社では絵馬の送り迎えと同じ日に(2年に一回)、しめ縄の付け替えが行われる。
12月2日に三間で縒り合わされたしめ縄が運び込まれた。
制作・取り替えは三間瑞穂会(会長田中さん)の皆さんである。
抜けるような青空の下、手際よく作業は進められた。
しめ縄は、鬼北町日吉の餅米の藁・・・
重量300kg、長さ4.5m、直径65cmの巨大なものである。
途中で帰ったので24日、再度お参り・・・
美事にできあがっていた。
古い物は山門のしめ縄と交換される。
神の国、瑞穂の国、日本!
良き新年が迎えられるよう祈念したい。

しめ縄1
続きを読む "和霊神社しめ縄交換"

絵馬奉納

2017.12.23.Sat.18:00
干支送り・干支迎え

今年は酉年、私は年男だった。
和霊神社の巨大絵馬は年男、歳女の寄付で奉納されている。
主に還暦を迎えた方々・・・
来年は戌歳!
その方達が石段を上がり、運ぶ。
見て分かるとおり、重そうである。
まずは拝殿前に・・・
祝詞を奏上して頂き、お祓いをしてもらう。
この方達は拝殿に入られる。
今年の絵馬は外され、設置完了!記念撮影。
10時から40分ほどだった。

絵馬1
続きを読む "絵馬奉納"

慌ただしい

2017.12.15.Fri.10:00
坊ちゃん劇場

師走、何となく忙しく先延ばしにしていた坊ちゃん劇場へ・・・
友人より招待券を頂き、先延ばしにしていたら、年明けが最終公演とか。
この時期、小中高校生の予約で一杯とか聞いている。
何とか座席を確保し、夜の会までに帰ることが出来るよう行くことにした。
子規生誕150年の記念ミュージカルは圧巻だった。
漱石との52日館・・・脚本家の創造力は計り知れない。
残念ながら公演はお見せできない。
許可を頂いたロビーまで・・・
そのロビーで宇和島の知人に会った。
もう12作目、県下は言うに及ばず、全国に発信されている。
パンフレットの中に、早くも来年度公演の予告が・・・

昼食後、見奈良天然温泉「利楽」で暖まり、夜の会に備え帰途についた。

坊ちゃん劇場1
続きを読む "慌ただしい"

花とり踊り

2017.12.10.Sun.21:00
正木の花とり踊り

5日早朝は雨、今日は雲海を撮りに行くと言っていた「うわつ」さんから電話が・・・
「花とり踊り」にいかんかな?のお誘い、一も二も無く「行く!」(笑い)
花とり踊りは四国西部地区で踊られている行事で由来は様々のようだ。
愛南町増田、正木、宇和島市三間、鬼北町日吉、西予市城川、野村、そして高知県西部。
この時期に祭りがあるのは不思議な気がする。
行ってみると車が一杯・・・
ここは歓喜光寺。裏山には篠山権現(歓喜光寺権現堂)があり、神仏習合らしい。
鐘・太鼓の音が山から聞こえてくる。
山門をくぐり、大急ぎで石段を登る。
神社の前でまず奉納、そして下のお寺での踊り・・・
伝統ある踊りはすばらしかった。
背中には篠山大権現の「笹竜胆」ならぬ「雪輪笹紋」の家紋が・・・
このあと、この地の御庄屋さん「蕨岡家」のお庭でも踊るらしい。
次回は夏、増田にも行ってみたい。



花とり踊り0
続きを読む "花とり踊り"

霜月茶会

2017.11.08.Wed.12:00
茶席

このような茶会形式を立礼と言うそうだ。
茶の湯で、点茶盤と称するテーブルに風炉釜 ・水指 を置く。
椅子 に腰掛けて行う点前 。
明治初め、裏千家が外国人客のために創案したものという。

秋晴れのもとでは、このような茶席がいい。
秋にふさわしい、茶道具の数々・・・
ご亭主の説明もなれたものである。
米納津屋の「雲がくれ」の茶菓子も美味しかった。
静かなひとときを過ごさせて貰った。
淡交会宇和島支部の皆様、お疲れさまでした。

南楽園茶会1
続きを読む "霜月茶会"