祭り | 鬼城

半家の秋祭り

2018.11.13.Tue.15:00
お練り披露

沈下橋行幸の後、境内に戻り、牛鬼、鹿踊り、花取り踊りが披露される。
舞うのは結界の中!
結界の注連縄の周りをカメラマン達が動き回る。
花取り踊りの写真を撮ってすぐ、退散することにした。
すばらしいお祭りを見せてもらった。
天満神社に感謝<(_ _)>

牛鬼

七つ鹿

花撮り踊り1

花取り踊り2

半家の沈下橋

2018.11.12.Mon.09:00
お練り

氏子の方達と神輿、猿田彦、五鹿、そして花取り踊りの面々が半家の沈下橋を渡る。
これを待ち構えるカメラマン達!
前が邪魔になるという叫び声が・・・
うーん、待っている人の邪魔にならないようにしないといけないなあ。
それにしてもすごい人数のカメラマン達だった。
生活道路、沈下橋の橋の下をくぐる牛鬼も珍しかった。

巡行1

巡行2

巡行3

巡行4

半家天満宮秋祭り

2018.11.10.Sat.15:00
高知県四万十市

半家(はげ)の天満宮秋祭りの牛鬼・・・
頭は宇和島地方のものによく似ていて親しみが持てる。
2時から神事と聞いていたが、始まらない。
荒縄で結界の張ってある境内をうろうろ・・・
カメラマンが異常に多い。
聞くところによると岡山、広島方面から団体で来ているとか?
待つこと1時間の間に親子、兄弟の写真を撮らせて貰った。
五つ鹿の準備は整っている。

半家の祭り1

半家の祭り2

半家の祭り3

半家の祭り4

半家の祭り5

復興祈念

2018.11.09.Fri.10:00
宮出しの神事

8:10出御と聞いている。
その前にお祓いの神事が行われた。
待つこと4時間(笑い)
好きでないとつとまらない。

今年は豪雨災害があり、立間から三間への道筋が壊滅状態になった。
例年、回ることはなかったが、今年は復興祈願のため順路変更して回るとか。
秋晴れ、厳かな中、出発した。


宮だし1
続きを読む "復興祈念"

鹿踊り

2018.11.08.Thu.10:00
七つ鹿


初めて見る神事!
踊りは何度も見ているが、卯の刻相撲の後、七つ鹿の奉納が行われた。
前伊達博物館館長さんに説明してもらった。
石段の下に7頭整列、そして一頭目と二頭目が石段を駆け上る。
そして残りの五頭が整列し石段を登っていく。
拝殿前で二頭の鹿がひれ伏す。
そこから踊りが始まった。
あまり知られていない光景で新鮮だった。

吉田では七ツ鹿踊りそのものを鹿の子と称している。
特に立間の鹿の子は、素朴で力強く、しかも哀調をそこなわぬところ、南予随一の呼び声が高い。
雄鹿が二頭、雌鹿が一頭、若鹿が二頭に小鹿が二頭の、つごう七頭によって踊られる。
親鹿の吹く笛の音につれて、胸につるした太鼓の撥さばきもあざやかに、勢揃い、
道行、踊り場への飛び込みと、しだいに魅せられてゆくうちに、
小鹿をまじえての楽しい庭見、そして雌鹿をうばいあう雄鹿の狂乱と、踊りは高潮する。

新宇和島の自然と文化より抜粋

七つ鹿
続きを読む "鹿踊り"