読書 | 鬼城

岡本家の矜恃

2014.06.07.Sat.15:00
大作

この「岡本家の矜恃」は4年前より執筆されていた。
現、岡本家のご当主とは木下先生のご友人・・・
三間のお庄屋としての歴史に興味を持たれ、調査研究されて文字になった貴重な記録である。

地域文化を大切にするためにも一読する必要がある。

と前置きが長くなったが、先日、郵パックが届けられた。
差出人は木下博民先生である。
開封してみると完成された「岡本家の矜恃」が・・・
600ページ近くに及ぶ大作である。

岡本家の矜恃1

三間という地区

仕事で2年間、お世話になった三間町・・・
それ以前も趣味の卓球の仲間が多く居て、三間通いを絶えずしていた。
この地区には各部落ごとにお庄屋さんと言われる旧家が多い。
岡本家はその一つである。
しかし、記録が残っていないことも多く、残念なことである。
今回、調査研究され、出版された岡本家には数多くの書類、文書が残っていた。
この記録を後世に残すため、出版を快諾された、岡本健氏およびその記録を文字にされた木下先生に拍手を送りたい。
これから時間を掛け、500年前より三間町の歴史に浸っていきたい。

裏表紙の写真は現在の岡本家

岡本家の矜恃2

創風社

数多くの出版をされている木下先生、松山市の創風社出版を使われている。
ここのご夫妻は宇和島市の出身である。
私の友人の友人でも有り、私もFaceBookに登録している。

岡本家の矜恃3

吉夢二十二物語

2014.04.03.Thu.08:00
出版記念会の紹介

案内をもらったが、予定が決まらず参加を決めていない。
愛媛新聞、3月29日にこの本の紹介記事が出た。

キャッチコピーは次の通りである。

専門職の前に、一人の人間で在ってほしい
宇和島舞台 介護現場描く


頂いた本を読んでみると介護に関する22のエピソードが綴られ、それがつながっていく。
そんな出来事を紡いでいく上で重要なのが人間関係・・・
各話の登場人物にはモデルがあるそうだ。

重い話の中でほっとする場面が愛媛県の各地の歴史や自然である。

「宇和島さんさ」の由来など解釈の違いはあるが、宇和島人の人脈を書く上で歌も重要な要素となっている。
最後の22話の中で歌う歌「宇和島音頭」はどの歌だろうかと想像してみた。
宇和島音頭は3曲有り、歌詞もメロディーも違っている。
個人的には一番古い宇和島音頭が一番好きである。

♪♪♪ きいてな~ 聞いてうれしい 宇和島音頭 ♪♪♪

出版記念会の当日、宇和島さんさ踊り普及会のみなさんが踊るそうだ。
この民謡は武士が作ったものとして、非常に珍しいといわれている。

仙台藩に末家といわれ、日頃から目下に見られていた宇和島藩が幕府に訴えた。
宇和島藩は仙台藩から分けてもらったものでなく、幕府から頂いたものとして認めてもらった。
街の居酒屋で自慢話の折、仙台のさんさしぐれに対抗して即興で歌った唄・・・
歌ったのはお庭番の吉田万助・・・
宇和島武士のプライドをかけた唄である。

吉夢二十二物語(上)


吉夢二十二物語(下)

島倉千代子という人生

2013.12.23.Mon.12:00
田勢康弘氏と伊達57騎

先月8日に肝臓がんで死去した島倉千代子さんの追悼特番が20日にフジテレビ系で放送された。
この番組の中で島倉千代子について語っておられる田勢康弘氏がいた。
宇和島に12日、講演活動で来られた折、昼食をともにした。
もともと政治ジャーナリストであることは知っていたが、芸能界にも詳しいことを知った。
それも島倉千代子のファンクラブの当初からの会員とは・・・
そして頂いた本が「島倉千代子という人生」である。
 追悼番組、この本の内容を読むと壮絶な人生であったことが分かる。
華やかな芸能界の裏舞台・・・
多方面にわたる知識、人をそらさない話術、あっという間に時間は過ぎた。
島倉千代子への密着取材はこの方だから出来たに違いない。

この方との出会いは2年前である。
紹介して頂いた方も有名人で電話でも緊張の連続・・・
最初の言葉が、ある人から「あなたの先祖は宇和島ですよ。」といわたとのこと。
来歴によると中国で生まれ、山形で育ったとある。

表題は今から400年ほど前、伊達政宗の長男秀宗が宇和島入りしたことに始まる。
政宗は秀宗のことが心配で勇猛果敢な武将たち57名をつけ、宇和島入りをさせた。
仙台に集結していた東北の武将のエリート集団・・・
最上、岩手、秋田等々、勿論仙台も・・・
その中に最上出身(山形)田勢助八郎がいた。
間違いない!田勢氏は伊達57騎!

最初にお会いしたときは、伊達57騎の復活パレードの会場だった。
丁度、田勢助八郎の旗印を背負った方がいたので記念撮影も・・・
そしてイベントのため宇和島入りされていた、伊達家13代当主宗信様を紹介した。
400年の時空を超えたすばらしい会合であった。

島倉千代子という人生

一日一花

2013.02.01.Fri.15:00
待ちに待った本

感性の鋭さと言おうか、「なげ入れ」の妙と言おうか、インターネット上で見るより素晴らしい本となった。
川瀬氏はこれから「たてはな」に挑戦とか。
何に寄らず、常に新しいものに挑戦する姿は崇高でさえある。

川瀬敏郎氏の花日記

写真で出せないのが残念ですが。2月1日は「のきしのぶ」
葉裏の胞子が魅力的。古来、和歌などに詠まれてきた「しのぶ」です。

表紙は「深山半鐘蔓」

一日一花(表)
  

後書きにある、震災の後「私は生まれてはじめて花をてにすることができず・・・」とあり、
花によって笑顔を見、そして復活。
この国の「たましいの記憶」である草木花をたてまつり、届けたいと願って。

文章からも、みずみずしい謙虚な花に向かう気持ちが汲み取れる。
芸術家は表現する文章力もすばらしい。

裏表紙は椿「夢」

一日一花(裏)
 

絶筆

2012.01.14.Sat.13:00
1年前の新聞で北森鴻氏が亡くなったことを知った。この方はミステリー作家であるが、ジャンルが「民俗学ミステリー」ということもあって出版の度、期待を持って読んでいる。おもしろさは外れたことがない。それにしても作家という人たちの研究には驚かされる。その中で本音も垣間見えるのがおもしろい。シリーズも多岐にわたっているが、蓮丈那智フィールドワークが中でも好きである。短編集だったのだが、絶筆となった「邪馬台」だけは長編・・・絶筆となると読みたい気持ちが高まる。その遺志を継いで浅野里沙子氏が完成させた。彼女も作家では婚約者だったとか。民俗学に興味のある人にはたまらないと思うが、関心の無い方には何のことだか・・・

絶筆となり書き繋いだ「邪馬台」
蓮丈那智シリーズ最終作

北森鴻4
続きを読む "絶筆"