散歩コースの桜 | 鬼城

散歩コースの桜

2017.04.13.Thu.09:00
愛宕公園展望台より

宇和島城を望む。

愛宕公園1
展望台下の階より

緑が多く写るのでこの位置が好きだ。
しかし、夕陽や夜景は上の階・・・「うわつ」さんはいつも上(笑い)
海すずめの撮影も上からだった。

愛宕公園2

桜の中の宇和島城

今年は雨でだめかと思っていた。
朝のうち曇りだったので散歩のついでに・・・

愛宕公園4

ちょっと違う角度とアップ

城の向きがこのコースでは平面になる。
斜めに構えた城が私は好きだ。

愛宕公園5

逆コース

今回の散歩は普通と違って、大超寺奥からの逆コースをとった。
最後が宇和津彦神社。
拝殿左側にある水神様・・・

愛宕公園6

手洗い場

ここの桜の枝振りは毎年撮っている。
今年は少し遅かった。

愛宕公園7
コメント
No title
 城や神社には、桜が似合いますね。特に愛宕公園から見た宇和島城に桜は、うっとりと見とれてしましますね。
 しかし、ソメイヨシノだと枯れていく運命ですから、垂れやヒカンザクラなどに植え替えていかなければいけませんね。
 町づくりも樹木づくりも先を見通した先見性が要りますね。
本日はm(_ _)m
笑隆で~す。様
動きは鈍く、身の回りのみ・・・しかし、運動量は以前より大となっています。お話ししたように明日は松山・・・往復がしんどくなっています。染井吉野の樹齢は60,70年とか。私の寿命も(苦笑)愛宕公園や他の公園の整備は必要ですね。造って終わりで無く、それが始まりなんですね。
No title
 人により白を眺める角度、違って良いですね。桜の中の城も、再び訪れない今の春ですね。桜は、背景が濃い緑であると、一層あでやかに輝く気がします。
No title
思ったより桜は持ってくれていますね。桜の枝から垣間見れるお城の姿、いいですね~。FFさんが桜と学校は似合うって行っていましたが、桜も似合いますね。
お城と海と桜・・・ロマンチック!
ステキですね~。癒されます。自然と山の画像に一番癒されます。素晴らしい写真ばかりですが、お城と海と九島の画像がどっちも好きです。桜に囲まれたお城も超カワイイです~。

できたら何枚か自分のブログで紹介したいなあ。また故郷自慢っていわれちゃうけど。もちろん鬼城さんのお名前入りでね。

今年宇和島は桜の開花が遅かったようですね。東京は早かったけど、ぼつぼつと、そしてやっと満開に、といった感じ。おまけに週末は雨が多くて、十分楽しめなかったような気がします。散る前に慌てて週末の花見(笑)桜を沢山撮ったけどまだ更新できてません。遅っ!!鬼城さんえお見習わねば。
桜舞う
愛宕公園の桜ですね。
どれが鬼城さんの植えた樹でしょうか?
自分が植えた樹が大きくなって花を咲かせる姿を毎年、見るのは感慨がありますね。

ソメイヨシノは早く成長するので衰えるのも早いそうです。
でも60年寿命説は怪しいようですよ(笑)
弘前城のソメイヨシノは130年生きている古木があるとか。
小石川植物園のものは140年。
植物は環境や手入れ次第で、長生きするようです。

今日も桜巡りでした。
はらはらと舞い散る桜の最後の艶姿が一番好きです。
城の形
好みもあるでしょうが、愛宕山からよりフジ恵美須町駐車場から見たらお城の形は良いですね。
tentijin 様
写真屋さんに写真の背景や色について聞いたことがあります。言われるとおり「緑」が一番とのこと。背景の緑で人物も景色も引き立つとか。できる限り、そのようにしたいのですが、構図が・・・((T-T))
建物
吉野の食いしんぼう 様
桜は何度も似合いますよね。主に建物だと思います。笑隆で~す。さんや「うわつ」さんが撮っているJRや植物(菜の花など)も良いと思います。奈良の時代より愛されて桜、これからの時代、どのように変化していくのか?
自然の中で・・・
kinoppy 様
宇和島はいろんな琴に挑戦していますが、今市の感が否めません。私は自然が一番と思うのですが・・・写真紹介してください。どうぞm(_ _)m うろつき回って見るといろんな琴に気づきます。Kinoppyさんの武蔵野の旅や名所の紹介も楽しみです。
らしい(笑い)
ランスケ 様
桜の散り際、風情がありますね。友人達は「花筏」、道へ落ちる桜吹雪を狙っているようですが・・・なんか、滅びの美学のようなものを感じます。染井吉野の寿命、初めて知りました。管理次第?それとも園木の生命力だろうか?自然界は謎!これも面白い。
斜め
うわつ 様
宇和島城は天守閣で無い限り、斜めに構えた城のポーズがいいですね。恩師の三好先生が自分の家の前からの城が最高と言っていました。図書館前の道路の真ん中から電線が入らないようにズームアップ・・・(笑い)恵比寿町フジと方向は違いますが、斜めの構えた姿は同じようです。
なぜ櫻が目立つのだろう?
どこも櫻が満開、① 一斉に葉よりも先に派手に花を咲かせるから。② 櫻は成長がはやく、我家のような小さな庭にも何処から種が飛んできたのか、勝手に育って花をつけた。③ 武家(軍人)社会が愛した。④ 意外と寿命が短いので、櫻名所は手入れが必要。⑤ 花見の花として庶民が喜んだ。
 
それにしても毛虫が付き手入れの必要な花ですね。
手入れ
木下博民 様
植えるのは簡単、手入れは誰がするのか?ここが桜を植える決断がいるところですね。しかし、文科省が一時、空きの入学式を殿話が出ていました。私は桜の下の入学式が一番だと思って居ます。早く咲きすぎて卒業式の時もありましたが・・・

管理者にだけ表示を許可する