鬼城

お盆

2018.08.15.Wed.20:00
お寺参り

習慣だろうか?盆暮、彼岸とお船流しには必ずお参りをする。
我が家の寺は浄土宗大超寺・・・
地名が示しているように私の生まれた場所は大超寺奥である。
本山は知恩院で開山したのは法然上人だ。
真夏の暑さを感じながらお盆には百日紅が満開の中、墓参りをする。
今年も盆のお参りを済ませた。

お盆1

お盆2

お盆3

お盆4

浄化装置

2018.08.14.Tue.16:00
向日葵

被災した三間町、灌漑用水の中山池から取水し、浄化する方法を採っている。
浄化装置は東京オリンピックの為に用意されたものを転用しているらしい。
14日現在、通水は出来ているようだが、マンガン分が多いとかで、飲み水の許可は出ていないそうだ。
一日も早く、飲める水を・・・
森の魚、向日葵も待っているよ!

中山池1

中山池2

中山池3

中山池4

柏島

2018.08.12.Sun.08:00
花火

目的は土佐清水市の四国一かと言われる花火大会!
しかし、最近の人気スポット「柏島」に寄ることにした。
グリーンの海、マリンスポーツ「ダイビング」の聖地としても有名になった場所である。
土曜日の午後の所為か、車、それも県外車で一杯!
残念ながら、先日の豪雨の所為か、海の透明度はいまいちだった。
海水浴を楽しむ人達・・・
アクワラングで沖に出て海中散歩をする人達、様々である。
沖合には「マグロ」の養殖筏も見える。
さて、のんびりする訳には行かない。
土佐清水へ、Let's GO !

柏島
続きを読む "柏島"

土佐清水花火大会

2018.08.09.Thu.08:00
わくわく!

花火の撮り方は何度も教えて貰った。
しかし、身につかない。(涙
足摺の花火大会に如何かな?と誘いが・・・
二つ返事でOK!

また、迷惑を顧みず撮り方を聞く。
最大の注意点、バルブで撮影の折「欲をかくな!」「開けすぎると白飛びが・・・」
人間の欲望はストップが聞かない。
最後の写真が開けすぎ・・・
今回も花火らしきものは無し!
次回、中村の花火大会に期待したい。

それにしても45分間、一万発は凄かった!

花火1

花火3
続きを読む "土佐清水花火大会"

夕陽

2018.08.07.Tue.07:00
速く!

夕方「うわつ」さんより携帯に・・・
大急ぎで支度し、行くと「1分遅かった!」と・・・
夕陽は隠れていた。

明日が丁度鳥屋が森の真上に沈むとのこと。
残念ながら、夜の会が入っているため写すことが出来ない。
ところが、夜の会、突然中止になり、いそいそと上がっていった。
良い雰囲気だ。
撮影後、画像を確認して貰った。
「ええやないか。」と褒め言葉。
拡大してチェック、「焦点もあっとる。」(笑い)

夕陽が沈んだ痕の雲の焼け具合、これも教えて貰った。
めでたい龍!

ダイヤモンド1

ダイヤモンド2

ダイヤモンド3

ダイヤモンド4

山家忌

2018.08.03.Fri.10:00
金剛山大隆寺西の谷

今年の和霊様は大雨の災害で復興祈願祭となり、しめやかに執り行われた。
清兵衛の命日の祈りは例年通り執り行われた。
和霊神社宮司ご夫妻も参列されていた。
例年と違い、花火屋夜店など取りやめ、檀家の方々と近所のお参りする人のみ・・・
百日紅の花に雨が・・・
清兵衛の涙雨かもしれない。

本堂横の山家清兵衛一家の位牌堂も飾り付けが為されていた。
本堂には例年のように清兵衛暗殺挿絵の屏風、そして小野小町の一生の軸が飾られていた。

御霊屋3

御霊屋2

御霊屋1

御霊屋5

御霊屋4

輪抜け

2018.08.02.Thu.16:00
茅輪くぐり

夏越祭ともいう。
いろんな呼び名があるが、暑い夏を健康で乗り切るための祭りである。
ちなみに各神社の日程が異なっている。
一番早いのが八幡神社で6月30日
和霊神社は7月12日、この日にお神楽の奉納がある。
7月28日は宇和津比古神社、私の所の氏神様である。
最後を閉めるのが三嶋神社、7月31日打ち上げ花火が有名である。

輪抜け1

輪抜け2

輪抜け3

輪抜け4

鳥取砂丘

2018.08.01.Wed.09:00
ジオパーク

今回のツアーは夢千代の里と山陰ジオパークめぐりだった。
最後の締めは当然、鳥取砂丘!
日本一の広大な砂丘である。
残念ながら前線停滞で大雨だった。
最初の写真は砂の博物館の上にある砂丘展望台からのワイド写真である。
2枚目は砂丘に上がったときのワイド写真!
雨に煙って遠望がきかなかった。
夏の日本海が見たかった。

このツアー、食事は今までにない豪華版!

食事を済ませ見学時間・・・
我妻は初めてだったので砂丘会館で長靴と大きな傘を借り、出かけた。
砂丘の広大さに驚いていた。
しかし、人影は?数えると親子と1人
私たちを含め5人・・・

全ての日程を終え帰途についた。
このあと大雨災害があることは知るよしも無かった。

砂丘1

砂丘2
続きを読む "鳥取砂丘"

鳥取砂の美術館

2018.07.30.Mon.12:00
これは凄い!

2006年に砂を用いた砂像の博物館が誕生しました。
そしてテント張りだった施設を2012年に世界初となる砂像のための展示施設開館!

年度ごとにテーマを決め制作しているようです。
今回のテーマは「砂で世界旅行・北欧編」でした。
雨は強くなってきていますが、屋内なので安心して見ることが出来ます。
凄い展示です。

景色、童話、人物(アインシュタイン)の微細な像・・・中世の城は圧巻!
もっとじっくり見たかった。
アップしていませんが絵画の模写(ムンクの叫び)もありました。

館員の方とお話をしました。
お客さんには大好評とのこと。
そして私からの御願い「日本の民話、昔話」を是非!
砂像作家は日本には茶圓勝彦(総合プロデューサー)しかいないので難しいと・・・

砂の美術館1
続きを読む "鳥取砂の美術館"

鳥取県

2018.07.29.Sun.08:00
浦富海岸(うらどめかいがん)

大雨のせいで遊覧船が出るかどうか朝8時に決定、8時半出発だった。
どうにか出港できると聞いて桟橋へ・・・
驚いたことに湯村溫泉(兵庫県)からは30分掛からない。
山陰海岸国立公園だ。
ここは平成22年「世界ジオパークネットワーク」に加盟が認定されている。
厳しい審査だそうだ。
ちなみに西予市のジオパークは日本の指定で規模は・・・

小雨、途中から本降りで波も出てきた中で出港する。
海上に出ると揺れがひどく、写真を撮るのに精一杯だった。
この景色、目を見張るものが延々と続いていた。
暗礁を知らせるため灯台も・・・
海蝕洞、そして地層・断層の凄さは目を見張るものがあった。
約1時間のコースを終え、寄港すると以後の便は欠航と出ていた。

浦富海岸1
続きを読む "鳥取県"