鬼城

別子銅山3

2017.11.17.Fri.18:00
東平

標高750mの山中にある東平は、大正5年から昭和5年までの間、別子鉱山の採鉱本部が置かれていました。
社宅・小学校・劇場・接待館が建てられていました。
昭和43年に休止するまで町として大変な賑わいをみせていました。

その遺跡は東洋のマチュピチュと言われ、映画やドラマの撮影にも使われています。
インクラインや倉庫など当時を忍ばせてくれます。
ふっと目をやると真っ赤な灯台躑躅(どうだんつつじ)が・・・
「満天星躑躅」とも書くそうです。

まゆみの木も赤い実を付けて居ます。
向かい側の山には鉄道の跡が残っているとか。

今年は軍艦島といい、別子銅山といい近代化の波の場所を見学しています。
時間はまだありそうなので、今治方面へ・・・

 
東平1


続きを読む "別子銅山3"

別子銅山2

2017.11.16.Thu.15:00
別子ライン

神風の如く見て回るので深い谷に降りることが出来なかった。
散策コースもあると聞いているが、宿泊せねば時間が足りない。
別子ラインの下流を県道から切り取った。
紅葉は一番見頃だろう。
鹿森ダム、そこに掛かっているループ橋も撮したかったが、駐車場所が無い。
東平への入り口まではマイントピア別子から二車線・・・
入り口から5kmが細い道で東平へ行くバス(マイントピア別子)が優先となる。
離合場所はあるけれど、シーズンは大変だろう。
もっと赤が強かったのだが、写真にすると・・・

別子ライン1
続きを読む "別子銅山2"

別子銅山1

2017.11.14.Tue.20:00
マイントピア別子

一度来たいと思いつつの場所・・・
新居浜が熱い!という情報が入ってきた。
別子銅山地区は紅葉真っ盛りとか。
雨の前にと思い立ったら即、行動!
道の駅だそうだが、工夫があるゆるところにある。
冬桜が5分咲きか?50本ほど植えてある。
古い坑道、新しい観光坑道のアイディアも・・・
そして土産物センターから観光坑道までのつなぎは汽車!
駐車場は一杯!
今日は空いているだろうというもくろみは大外れだった。
観光バスは8台・・・団体客が多い。
欲張りだから、東平(とうなる)も見たいし、別子ラインの紅葉も見たい。

マイントピア別子0
続きを読む "別子銅山1"

運動

2017.11.13.Mon.15:00
トレーニング

使わないと退化する。
毎日の散歩、運動は欠かせない。
まずは玄関先・・・「数珠珊瑚」の実が・・・
この日は朝だったので、景色が変わって見える。
天守もきれい、神社からの天守、見えるかな?
散歩コースの一番高い場所、天満神社である。
きれいに刈り込み、掃除も行き届いている。
私はお参りするだけで、何時も恐縮している。
帰りに小川を除いたら「烏瓜」色づき、鈴なりだった。

無題1
続きを読む "運動"

夕陽

2017.11.12.Sun.13:00
だるま夕陽

11月6日、電話が入る。
1日に「だるま夕陽」が出たそうだが、行かないかとの誘い。
二つ返事でOK!
快晴の青空・・・
友人もカメラを構えて、今日はでるぜ!
興の灯台に光が灯る頃、水面上には黒い雲が出てきた。
残念、それじゃあ「焼ける空」をと思い待つことしばし・・・
自然現象は想い通りにいかない。
桟橋を見ると、青鷺が馬鹿にしたように佇んでいた。


夕陽1

続きを読む "夕陽"

霜月茶会

2017.11.08.Wed.12:00
茶席

このような茶会形式を立礼と言うそうだ。
茶の湯で、点茶盤と称するテーブルに風炉釜 ・水指 を置く。
椅子 に腰掛けて行う点前 。
明治初め、裏千家が外国人客のために創案したものという。

秋晴れのもとでは、このような茶席がいい。
秋にふさわしい、茶道具の数々・・・
ご亭主の説明もなれたものである。
米納津屋の「雲がくれ」の茶菓子も美味しかった。
静かなひとときを過ごさせて貰った。
淡交会宇和島支部の皆様、お疲れさまでした。

南楽園茶会1
続きを読む "霜月茶会"

いやしの南楽園

2017.11.07.Tue.08:00
秋のやすらぎ

空は快晴、美事な秋晴れ・・・
お茶会に招かれ、久しぶりに南楽園に行った。
この時期、不思議に思うことが一つある。
「菊花展」が何処の地区でも消えたこと。
南楽園でも過去にはやっていたと思うのだが・・・後継者者不足かな?
この日、お茶会と平行して「津軽三味線」「鬼城太鼓」「南予盆栽展」も開催されていた。
お茶を頂き,、園内を一巡した。
秋の気配が濃厚・・・
珍しい、柿や萩の実ができていた。
夏の名残のトンボも寂しそう。

南楽園1
続きを読む "いやしの南楽園"

秋祭り

2017.11.05.Sun.12:00
宇和津彦神社秋祭り

台風22号襲来だったが被害も無く、午後からは祭りが出来るらしい。
今年の八幡様、三島様と雨に祟られた。
こんな年は珍しい。

体調不良の中、学校茶道に行った帰り道、お練りに出会った。
今日はこの場所で15時より競演があるらしい。
来ることが出来ないので猿田彦の尊と白鷺の舞を撮った。
牛鬼を見て、知人から宮出しの話を聞く。
いま神輿は大超寺奥らしい。
痛い頭を我慢して足を運んだ。

驚いたことに新しい御旅所が・・・
宮司さんにお聞きすると雨模様なので急遽御旅所を御願いしたとか・・・・
ここは私が生まれた場所!
後ろの家は兄の家、その奥に自宅があった。
現在は転居して畑になっている。
何か良いことがありそうな予感がした。
現在の自宅に帰ったとき、神輿が通った。
失礼ながらベランダから写真を撮った。

秋祭り1
続きを読む "秋祭り"

学校茶道

2017.11.05.Sun.08:00
お茶会

私の仕事というか趣味は多岐にわたる。
とは言っても本業はと聞かれると教育ですと堪えざるを得ない。
何しろ一番長く携わってきたからだ。
学校茶道の名を聞いたのは教員生活最後の頃のこと。
各流派の方々のボランティアで日本の伝統文化を普及させるため続けられている。
体調不良の中、信用金庫新橋支店を訪れた。
大勢の人、児童生徒達が点ててくれたお茶のおいしさは格段のもの・・・
ご亭主の説明も秋に因んだ「おもてなし:の精神に富んでいた。
関係者の皆さん、御苦労様でした。

学校茶道1
続きを読む "学校茶道"

不思議な場所

2017.11.03.Fri.09:00
不思議な空間

仕事で松山に・・・
少し時間が在ったので「ランスケ」さんに紹介して貰った風景を尋ねた。
場所は聞いていたのだが、限られた時間だったので仕事中の方に聞いてみた。
丁寧に説明を受け、地域のことまで教えて貰った。
心が温かくなる。
行ってみると、これは!
ちょっと寄るという時間では失礼に当たるような場所だった。
ランスケさんにご案内を頼むのだったと後悔しきり・・・
次回にと思い、シャッターを切った。
古来よりの信仰心、地の恵、そして今を生きる人の存在感の在る場所・・・
夕暮れのランスケさんの写真を思い出した。


古墳0
続きを読む "不思議な場所"